2007年09月03日

平城宮

heijyokyu.jpg近鉄奈良線の大和西大寺駅と新大宮駅の間に拡がる広大な緑の空間が、奈良時代に天皇の住まいや官公庁が集まっていた平城宮跡です。

「平城宮跡資料館」では出土遺物や復元模型の展示、「遺構展示館」では発掘状況をそのまま保存。復元された壮大な「朱雀門」、奈良時代の庭園のようすがしのばれる「東院庭園」も復元されております。

また、平城遷都1300年となる2010年の完成を目指し、宮跡の中核施設である第一次大極殿正殿の復元工事に着手しています

・〒630-8577  奈良市佐紀町 
・TEL:0742-34-3931/FAX:0742-35-7077
・最寄駅 近鉄大和西大寺駅
・駅からの交通 徒歩10分

posted by slowlife | 世界遺産

東大寺

todaiji.jpg大仏で知られる奈良時代の代表的な寺院で大仏殿は世界最大の木造建築物です。天平15年(743)に聖武天皇が盧舎那大仏(るしゃなだいぶつ)建立の勅願を発令し、その大仏を安置する寺として国力を挙げて造営されました。

天平勝宝4年(752)に大仏殿が完成。以降次々と堂塔が建築され40年近くかかって寺観が整いました。

都が長岡へ移ったあとも歴代天皇の手厚い保護を受けて、興福寺とともに栄華を誇りました。しかし、治承4年(1180)平重衡の軍勢によって大仏殿をはじめ伽藍の大半を焼き払われてしました。

重源上人によって再興されましたが、永禄10年(1567)の三好・松永の乱で、わずかな建物を残して再度焼失してしまいます。現在の伽藍の多くは江戸時代に再興されたものです。

・最寄駅 JR・近鉄奈良駅
・駅からの交通 市内循環バス7分「大仏殿春日大社前」下車徒歩5分
・身障者設備 大仏殿入口西側に男女別 身障者用トイレ。大仏殿内に車椅子用スロープ。

posted by slowlife | 世界遺産

興福寺

koufukuji.jpg南都七大寺の中で最も密接に奈良の街とつながりを持ちながら発展した寺。和銅3年(710)藤原不比等が飛鳥から平城京へ前身の厩坂寺を移転したもので、藤原氏の氏寺として、藤原一族の隆盛とともに寺勢を拡大しました。

最盛時には数多くの堂塔僧坊が立ち並んでいたといいます。また、神仏習合の影響をうけ、春日社と一体化し、時には僧兵をしたがえて朝廷へ強訴に及ぶまでになりました。

治承4年(1180)平家に焼き打ちされ、ほとんどの堂が焼失しますが、直ぐに再建されました。鎌倉時代には大和守護職の実権を握り、実質的に大和国一帯を支配していました。

現在の堂塔は、鎌倉以降の建物を一部残し、広い境内に中金堂・東金堂・北円堂・南円堂・五重塔・三重塔・大湯屋・大御堂・国宝館などが建並び、仏教彫刻類は天平時代や鎌倉時代の名品を数多く保存しています。

・最寄駅 近鉄奈良駅
・駅からの交通 徒歩5分
・駐車場規模 普通車60台
・駐車場料金 900円
・身障者設備 トイレ1ヶ所

posted by slowlife | 世界遺産

唐招提寺

toshodaiji.jpg聖武天皇の招きに応じ、苦難の末、日本にやってきた唐僧鑑真和上によって建立されました。鑑真は日本に着いてから5年間、戒壇院での授戒を制度として確立するためを東大寺で過ごしましたが、東大寺から解放された後、故新田部親王(天武天皇の第七皇子)の旧宅を賜り、そこを「唐律招堤」と称し、戒院として教学の場を営むことになりました。

やがて鑑真を支持する人々から居室や宿舎を贈られ、倉庫、食堂、講義用の講堂、本尊を安置する仮金堂などが建てられ、鑑真の没後も金堂や東塔が建立されました。平安時代初頭に伽藍全体が完成し、そのころ「唐律招堤」から「唐招提寺」となりました。

・最寄駅 JR・近鉄奈良駅、近鉄西ノ京駅
・駅からの交通 六条山行バス17分「唐招提寺」下車すぐ、近鉄西ノ京駅から徒歩10分
・駐車場規模 有り
・身障者設備 トイレ完備
ホームページ

posted by slowlife | 世界遺産

元興寺 [極楽坊]

genkouji.jpg前身は6世紀末蘇我馬子によって開かれた法興寺(飛鳥寺)でしたが、平城遷都に伴い今の地に移転され名も元興寺と改められました。かつては南都七大寺の一つとして威勢を振い、現在の奈良市街の南東部を占めていました。

広大な寺域には、金堂・講堂・塔・僧房などが立ち並んでいましたが、平安時代半ば、その勢威も衰えてしまいました。現在では僧坊の一画が唯一現存しています。極楽坊はかつての元興寺僧坊の一部で、鎌倉時代に極楽堂〔国宝〕と禅室〔国宝〕に改築されたました。

中世以来庶民の信仰を集め、境内から無数の石仏と民俗資料が発見されています。収蔵庫には奈良時代の木造五重小塔〔国宝〕木造阿弥陀如来坐像・智光曼陀羅図・庶民信仰資料〔各重文〕などが多数保存されています。

・〒630-8392  奈良市中院町11 
・TEL:0742-23-1377/FAX:0742-23-1378
・最寄駅 JR近鉄奈良駅
・駅からの交通 JR奈良駅から徒歩20分、近鉄奈良駅から徒歩10分
・駐車場規模 普通車20台
・駐車場料金 無料


posted by slowlife | 世界遺産
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。